風に乗って~マーキ


生きてるって…♪♪
by Maky63
カテゴリ
全体
家族ドライブ
海外旅行
うれしょん日記
2008年旅行
日記
花・・・春
花・・・夏
花・・・秋
花・・・冬
ちょっとドライブ
05’2月1日
さんぽ道
うまく出来るかな
雪の高山旅行
わぉー!
九州の旅
同級生サイト
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2005年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧


人形峠資料館

蒜山高原からの帰りみち人形峠に行って見ました。

人形峠って確か中学生の時キューリー夫人がウランを発見した事と日本では岡山県の人形峠の辺りでウランが発見されたと習った記憶があります。

また、そのために近くの三朝温泉のお湯は日本でも有数の放射能を含んでいる事も知っていました。国道482号線から狭い旧道に入って坂道を登っていると其処にたどり着いてもなーンにも無い唯の峠の景色が広がっていたらきっとがっかりするだろうな~と思っていました。

峠を登りきると其処には立派な資料館と技術センターが有り驚きました。
c0045015_1624721.jpg

詳しく知りたい方は人形峠環境技術センターのホームページをご覧くださhttp://www.jnc.go.jp/zningyo/
c0045015_16185670.jpg

怪しく光を放つウラン鉱石です(鉱石の後ろには私が写っています。怪しい青色の帯は鉱石のオーラでは有りませんので念のため)

非常に近代化された館内には自然の中のウラン鉱石の様子や色んな石とウラン鉱石の放射能量を測定するガイガーカウンターもあり自分で操作してみることも出来ます。
掘り出されたウラン鉱石から原子力発電の燃料6フッ化ウランやプルトニュウムを精製する解かりやすい過程図や使用済み核燃料から再び6フッ化ウランを抽出する説明もありました。
いま問題とされている北朝鮮の使用済み核燃料やプルトニュウムの意味がほんの少し理解できました。

いまアメリカのスペースシャトルに乗って日本人の野口さんが宇宙で活躍されている様子をニュースで見ていますが日本のロケットの実物大模型の展示が有ったり、世界のロケットの歴史や日本のロケット技術の優れている所とかを知ることも出来ました。
実際に体験できる装置も色々ありましたがデブリ(宇宙のゴミ)をゲームのようにキャッチして処理する速度を競うコンピューターゲームもありずいぶんと楽しめました。

       館内の様子です
c0045015_16403620.jpg

c0045015_16405080.jpg


丁度6人ほどの中学生が担当の人から原子力発電の仕組を図の前で説明を受けていましたが
理科や物理に興味のある子供たちには堪えられない施設のようでした。


ひぐらし蝉

蒜山高原から津黒高原を通って人形峠に向かう国道482号線の峠辺りでカナカナカナ・・・と物凄い鳴き声(騒音に近い)がしていました。

昔、私がまだ20歳の時琵琶湖の近の宿に泊まった事があり、その折に可愛い鳴き声の主がカジカ蛙だと教えてもらった事がありました。
でもその鳴き声は遥か彼方に去ってしまい考えても思い出せません。

カジカの鳴き声ってコンなんじゃあないよね~~
あーそうよ!これはカジカの鳴き声よ~~
でもカジカは絶滅の危機に有るって~~
いやこれはカジカよーね~~
でも、絶滅の危機がこんなに鳴いているはずがないよね~~
いやーそれでもこれはかじか蛙に間違いないよ~~

喧々諤々の末人形峠についてセンター人に尋ねました。
あくまでもカジカ蛙だと思い込んでいる夫は尋ねる時も脅迫的に質問しました。
“カナカナ言って鳴きようるのは、ありゃあカジカ蛙でしょう?”
センターの人は笑いながら教えてくれました。
“いや、ありゃあ、ひぐらし蝉ですよ”と
今朝弱ってその辺に落ちとったがねーと言いながら草むらから瀕死のひぐらし蝉を見つけてくれました。
c0045015_1721290.jpg


生まれて始めて目にしたひぐらし蝉はつくつく蝉に少しボリュームを持たせた感じでした。
今我が家の玄関に家宝のように飾ってあります。

かじか蛙の本当の鳴き声を聞いて見たい人は<藍の宿木屋旅館>のホームページを覗いて見てください。
http://www.misasa.co.jp/kajika.html
[PR]

by Maky63 | 2005-08-05 17:15 | ちょっとドライブ

スチールプランツ

c0045015_23183271.jpg

サイドボードの上にたった一つ
最初は花だと気付かなくて
プラスティックの飾りだと思った

手にとって見ると ぷるん…として
え! 活きてる?

そこはスチールプランツの枝の下
小さな植木鉢から広がった枝に
あ、ここにも ここにも
毎日水やりしてるのに
どうして気付かなかったんだろう

それほど小さくて~
ひかえめに下を向いて咲いている

大事に育てなくてはと
両手に包んだ

c0045015_23203180.jpg

[PR]

by Maky63 | 2005-08-04 23:21 | 花・・・夏

蒜山高原

c0045015_22294511.jpg

2005年7月25日家事を済ませて…
なんか好い事ないかなーフニフニ(-。-)y-゜゜゜
何処かの高原にでも行って見たいなーと

当てもなくネットサーフィンを続けていると~o(lll@□@lll)o おぉ!すごい・・・
蒜山高原休暇村のページに空きがあるでは有りませんか!それも明日とあさってに~

早速夫の帰宅を待って誘ってみると“あんたぁニュースを見ようらんのかいね。台風が来ようるんでー”と言われてしまいすっかりちゅん太郎になってしまった私。
何と大型台風7号がわが町に向かって直進していました。
毎日暑くてお天気予報はどうせ明日も晴れるわよーと見る事無かったもんね~!(・へ・)!ハイ

それでも午後4時の時点で台風は進路を少し東に向けた。
午後6時 お、良いじゃなーい>^_^<台風があっちへ行っちゃったみたいとすっかりご機嫌の私。早速休暇村に予約を入れようとするとみんな考える事は同じなんですねぇすっかり満室になっていました。
諦めきれずにホテルの空きを探していると有りましたよ。
ホテル蒜山ヒルズって何だかちょっとカッコイイ公共の宿がたった一つ空いてました(⌒‐⌒)

台風の影響でうす曇りの高速道路を走っていると有漢IC辺りからポツリポツリと雨が~~
いきなり蒜山も面白くないので雨の中を大山へ向かったけれど着いて見るとかなりの雨と霧で視界50メートル位しかありません。

かれこれ10年ほど前子供たちと大山でお泊りした時も今日の様に物凄い霧と雨で大山の姿はおろか道さえも鮮明に見えなかった事を思い出しながら唯ひたすら霧の中をドライブして<みるくの里>で蒜山ジャージー牛の焼肉の昼食を食べました。

雨は土砂降りとなってしまい物凄く寒くて持って行った暑さ対策用のシャツを服の下に着込む始末でしたからサービスにソフトクリームの無料券を貰っても食べる気持ちにもなりません。

早々に大山を脱出して大山蒜山スカイラインを走り1時間ほどで蒜山高原に着いた時には何とか雨も小雨が降ったり止んだりの状態になっていました。
c0045015_2220494.jpg

         ジャージーランドの牧場からの眺め

ホテルにチェックインするには早すぎたのと偶然目に付いたジャージーランドに行って見ました。
どんな所かと言いますとお土産とレストランを併設した建物があり、建物の裏の斜面に牧場があってジャージー牛が放牧されていました。

c0045015_22231181.jpg

ジャージー牛って茶色だったんですねー私たちが見たのはまだ子供なのかはたまた大人になってもそうなのか確認するのを忘れてしまったのですが角がなくて代わりに頭の上にポニーテールのような巻き毛がのっていてそれは可愛かたです。

c0045015_22234394.jpg

大きな澄んだ目でジッと見つめられて思わず人間の子供に言うように“こんいちは、良い子してますね~”等と話しかけてしまいました。

ホテルは静かな環境の中の道の駅に隣接していて部屋数20ばかりだったでしょうか部屋のベランダからは思わず深呼吸したくなるような景色が眺められました。
c0045015_22241361.jpg


ホテルの裏には綺麗な芝生のターゲットゴルフとグランドゴルフ場があって400円で時間無制限でした。
グランドゴルフに挑戦し子供のように活き活きと動く夫をからかいながら私も楽しいひと時を過ごせました。
c0045015_2228351.jpg

        後ろの建物がホテル蒜山ヒルズです

直ぐそばの林からはかっこうの鳴声も聞こえて気分最高です。

お風呂は内風呂もあったのですが無料券を貰って車で10分ほどの所にある<蒜山やっか温泉>に入りに行きました。
柔らかなお湯は湯船に身体を沈めると直ぐに肌がすべすべとして何だか美人になれそうな予感が一杯でした。少し小さいながらも一応スパ風に色んなお湯船がありとても良かったです。
お風呂上りの火照った身体に高原の涼風が気持ちよく~あー極楽極楽~と言いながらホテルに帰りました。

翌朝、ホテルの直ぐ前にある牧場公園と遊歩道を散歩していると日ごろのストレスが嘘のように気分爽快です。 
c0045015_2234396.jpg

牧場公園入口です。入場は無料でちょっとした遊具の有る広い公園の奥に牛舎と牧場がありました。
c0045015_22373849.jpg

公園で拾った木の実です。ホテルの人に聞いたのですが木の名前はわかりませんでした。どなたか知ってたら教えてくださーい(@^∇゚)/
この記事を書いてから2年過ぎてやっとこの木の名前がわかりました。
きたこぶしの果袋でした。
熟すと中から赤い種が出てきます。
北海道では初夏の花としてよく知られているそうです。きっと、北の地に咲くこぶしだからキタコブシと言うのでしょう。

ログハウスの展示場にも行って色々内部を見せていただき別荘のお値段を尋ねたりして…
ちょっぴりその気に成りそうになったり~でも現実はそんなお金ないのよね~(llllll〃^∇^)o_彡☆あははっ  
でもね、小さなログハウスなら1千万円で建つんですって。それと土地代は大体1坪1.5~2.5万円ぐらいなんですって。我家でも頑張ればって思ったとしても不思議な金額では無いと思いません?
[PR]

by Maky63 | 2005-08-01 23:14 | ちょっとドライブ