風に乗って~マーキ


生きてるって…♪♪
by Maky63
カテゴリ
全体
家族ドライブ
海外旅行
うれしょん日記
2008年旅行
日記
花・・・春
花・・・夏
花・・・秋
花・・・冬
ちょっとドライブ
05’2月1日
さんぽ道
うまく出来るかな
雪の高山旅行
わぉー!
九州の旅
同級生サイト
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:さんぽ道( 3 )


小さい秋見ーっけた

私にとって早朝の散歩は1日の元気の原動力となる。
夏の頃は未明の空の星を眺めながら、秋風を感じられるようになると道路わきに秋の気配を見つけながらリズムを取って歩いている。

そんな毎日が続くうちに、朝のお散歩に楽しみを見つけた。
野花を摘んで活ける。
たったこれだけの事で今まで気づかなかった自然の営みを肌で感じられる。

夏の終わりには濃い緑がみずみずしくて<猫じゃらし>の穂を何本も束ねて活けた。
今はもう終わりに近づいたが<馬ぶどう>も垂れ下がった枝と蒼く色づいた実が綺麗でよく利用した。
c0045015_1614340.jpg

刈り取られた株跡から伸びた<はと麦の新芽>と<赤まんま>の花もステキだ。
c0045015_1615371.jpg


日陰の湿地にはピンクの花びら一枚一枚が菱の実状のこんな花が咲き乱れ、
c0045015_17231416.jpg

誰にも振り向いて貰えそうにないこんな草にも可愛い花と実がなっていた。
c0045015_17254193.jpg


つる性の葉にナデシコの花を添えて南部鉄の花瓶に活けてみた。
c0045015_17274825.jpg



秋、野菊が可憐な花をつけ始めた。
c0045015_1791896.jpg

庭に咲いたトリカブトの花も黒い鉄肌に良く映える
c0045015_173229.jpg


あたり一面枯葉の世界となって私の楽しみは春までお預けとなってしまった。
春よ来いこい~早く来い~♪♪
[PR]

by Maky63 | 2008-10-23 16:14 | さんぽ道

因島の親子狛犬

先日の土曜日娘と一緒にお散歩に出かけた。
何処に行こうかと歩いているうちに中庄八幡さんにたどり着いた。
本殿までを“裏手の坂道から行こうよ~”と私。“しんどいほうから行かんとご利益ないよ~”と娘。“えーしんどいじゃん”とぶつぶつ言いながらもエッチラエッチラ階段を登る。最近運動不足なので相当きつい。

やっとの事で中間の山門(?)までたどり着き一休み。
c0045015_20292913.jpg

休憩がてら周りを見渡すと、山門の横に立派な青銅の神馬が建っているではないか。
あらまーと思い周りを歩いてみると神馬の裏手は綺麗に整備された公園になっていてベンチなども置いてあった。眺めは良くなかったが静かに本を読んだり友達と散歩がてらに訪れて話すにはもってこいの場所だった。

c0045015_20295868.jpg

c0045015_20302660.jpg

ゼーゼー息を弾ませながら境内にたどり着いて狛犬を探す。この前子供を抱いた狛犬に出会って以来何だか狛犬が気になってしょうがない。
わぉー!なんと・・・ここの狛犬は両方とも子連れだo(lll@□@lll)o おぉ!すごい・・・
                    左手の狛犬
c0045015_20354574.jpg

                    右手の狛犬
c0045015_20362495.jpg

おーこんなに身近にしかも我が氏神様の境内にこんなに珍しい狛犬があったなんて・・・ああ(llllll´▽)/□☆□\(^_^ )カンパーイ! ~感動したぞー!
これはわが町のためにもぜひ広く皆に知らしめねばなるまいとぐるぐる廻って観察する。

狛犬の表情は親と子の口が“あ”ー“うん”であった。つまり、子供が口を開けてると親の口は閉まっていて子供が口を閉めていると親の口が開いていた。(実はこの発見は娘に先を越されてしまった)

何処の狛犬もこの状態なのか又子連れの狛犬がどの程度存在するものなのか・・・ゾクゾクするほど興味がわいてきた。
これからは何処に行っても神社の狛犬は絶対見逃さないようにしよう。
[PR]

by Maky63 | 2005-04-12 20:58 | さんぽ道

中庄屋内ゲートボール場~奥山

c0045015_1713274.jpgもっと詳しくは近々ホームページにも載せますのでそちらを見てください。
風は冷たかったけれどまずまずのお天気に誘われて奥山までのウオーキングに挑戦しました。途中沢山の苔むした石碑に出会えました。石碑は水神様を祭った物や古く中庄村の頃より急な坂道を何度も改修したときの記念碑など色々でしたが苔むして指でなぞっても識別困難な物もあって昔の様子を偲びながら楽しむことが出来ました。
畑で作業中のおじさんの≪ハぁー行ってみんさいや、えろう変わって何処じゃろうか言うようになっとるヶー≫の言葉どおり大きなダムが建設されていたり、昔なかった大きな道路が出来ていました。それでも昔のままに残っている道もあり峠近くの大師堂もそのままでした。

ダムの建設現場…此処に何処から水が流れ込むのかしら
c0045015_1650185.jpg


あおかげ苑の上のため池はこんなに綺麗になっていた
c0045015_16511340.jpg


峠の大師堂
c0045015_16521917.jpg


こんなものも有ったよー?水道の浄水装置らしい
c0045015_16542666.jpg


昔々因島が市ではなくて御調郡だった頃
この場所に水車小屋が有ったんだって・・・今も深い淵のように成っていて想像するとコットンコットンと水車の廻る音が聞こえてきそうだった。
c0045015_16571458.jpg


石碑のお顔

c0045015_1704646.jpg
c0045015_17122246.jpg







大師堂の前にある行き倒れの人のお墓
c0045015_17133488.jpg


ボツボツ花も咲いていて・・・春はもう其処までの気配でした
c0045015_17145678.jpg

c0045015_17151569.jpg
c0045015_17153693.jpg






旧家の庭先に無造作に置かれて朽ちかけていた
私好みの絵柄の火鉢~~o(^ー^)oほしぃー!
c0045015_1721118.jpg

[PR]

by maky63 | 2005-02-12 17:22 | さんぽ道