風に乗って~マーキ


生きてるって…♪♪
by Maky63
カテゴリ
全体
家族ドライブ
海外旅行
うれしょん日記
2008年旅行
日記
花・・・春
花・・・夏
花・・・秋
花・・・冬
ちょっとドライブ
05’2月1日
さんぽ道
うまく出来るかな
雪の高山旅行
わぉー!
九州の旅
同級生サイト
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

温泉巡り<奥日光湯元温泉>

温泉巡り4日目
今日も朝から小雨が降っている。私たちの家族旅行は大体お天気に恵まれてきた。行きは降っていても目的地到着のころはすっきりと晴れて、日頃の行ないが良いせいだと神仏に感謝してきたが、旅行が1週間にもなるとさすがの神様も都合がつかなかったのだろうと諦める事にする。
雨の中傘を差しかけてやってゆきを散歩させ、さて今日はどっちに行こうかと地図とにらめっこしながら車を走らせる。
取り敢えずは一度も行った事のない夫のために世界遺産日光東照宮にナビを合わせる。
前橋市から桐生市に出て国道122号をわたらせ渓流沿いに日光を目指す。新緑か紅葉の季節ならさぞかし綺麗なのだろうが季節はずれなので大した景色にも出会えないまま日光に到着した。
夫は初めての東照宮に痛く感動した様子だった。私はと言うと4度目と有って眠り猫も、見ざる言わざる聞かざるの彫刻も大して興味が湧かない。社殿の装飾をじっくりと観る事ができた。
c0045015_16263317.jpg


平日なので中善寺辺りに宿が取れるだろうと安易に考えていた私たちは華厳名滝の側の売店で宿の商会をお願いしたところ、お勧めの宿は全て満室で取れないとの事。もう少し奥の湯元温泉に行けば取れるはずだからと薦められ雨の夕暮れのなかを湯元温泉へ。中善寺で小降りだった雨は土砂降りになってしまい宿を探す処ではなくなっていた。旅館の建ち並ぶ中を一巡した後、交番を発見し、お巡りさんに助けを求めた。
警察が宿を斡旋するわけにはと言いながらも、教えてもらった温泉街の入り口、湖の側にある<ゆの屋>に飛び込んだ。電話もせずに飛び込んだ私たちを快く迎えてくれた女将さんは宿泊料でも私たちの希望を聞き入れた上に、ゆきのために車も玄関に横付けするようにと言って下さった。食事、トイレと何度も車に行かなくてはならないので玄関前の屋根の下は非常にありがたかった。

お風呂は硫黄泉だったがこれ程の湯は初めてだった。
自家源泉を2つ持っていると言うだけあって情緒たっぷりな湯船から溢れるお湯は真っ白な湯の花を大量に含んでいて洗い場がざらつく程、湯船には湯の花がこびり付いていて、まるで牛乳を入れたように真っ白く濁っている。体を沈めると胸から下が全く見えない。硫黄の匂いの立ち込めるお湯で背中の湿疹は殆ど痒みを感じない位に良くなって来ていたがここに来て一気に良くなるような気がする。
夕食時に飛び込んだにしては贅沢な食事は美味しかった。
翌朝、出立前にゆきも温泉に入れてやりたくなり、宿の人に雑巾バケツを貸してもらえるかお願いした所、わざわざ倉庫から大きな桶をカートに乗せてお風呂からお湯を汲んで運んでくださり、ドライヤーまで使わせて貰った。
雨に降られたお陰で思わぬ良い宿にめぐり合う事ができて幸せだった。
c0045015_18394361.jpg

[PR]

by Maky63 | 2009-03-22 17:11 | 家族ドライブ
<< 温泉巡り <蓼科高原温泉編> 温泉巡り<草津温泉編> >>